まるっとお任せ!CBT運用代行入門 » CBTを導入する代表的な検定・資格 » 漢検(日本漢字能力検定)

漢検(日本漢字能力検定)

目次

小さいお子さんから高齢者まで、幅広い世代が受けている検定。特に学生さんの間では、進学や就職に影響があるとして積極的な受験が行われています。ここでは、英検と並びポピュラーな検定である、漢字検定についてまとめています。

また、このサイトは試験主催者向けに、CBT試験の申込から会場運営までを行う「CBT運用代行会社」を紹介しています。

確かな実績を持つ
CBT運用代行会社2選はこちら

CBT方式で受験できる漢検の概要

小さいお子さんから高齢の方まで人気がある検定試験。学生のほとんどが受験しており、進学や就職に有利として、英検に並び取得が推奨されています。小学1年生が習う漢字を対象とした10級から、常用漢字以外も幅広く出題される1級まで12段階。どの級からでも受験可能です。

漢検の受験方法を比較

漢検は個人・団体・CBT方式と3種類の検定方法があり、いずれかを選んで受験します。学生さんは学校や塾、習い事など所属する団体で受験することが多いです。検定内容は変わりませんが、会場や日時、合否の結果などが異なります。

個人受験

個人受験では、株式会社ディスコの「キャリタス資格・検定」からの受付になります。年3回ほど実施されており、全国の主要都市約180か所にある会場で受験します。受験票には顔写真の貼付が必要で、これがないと検定結果の資料が発送されません。合否は検定日より30日後に、ネットで確認できます。

団体受験

設置条件をクリアしている学校や塾、企業などにおいて、10名以上の受験者が集まり、まとめて申し込む方法です。検定場所には準会場受験と団体公開会場受験があり、協会が指定した日程で行います。合否の結果通知については、約35日後を目安に受験者全員分の検定結果資料が団体の担当者に一括で届きます。

漢検CBT

コンピューターを使った受験で、2級から7級で導入されています。全国に約150以上のテスト会場があり、都合の良い日時で受けられます。合否結果はネットと郵送で確認でき、ネットでは検定終了の8日後、結果資料は検定後10日程度で郵送で届きます。

漢検をCBT方式で受けてもらう
メリット

好きな時に受けてもらえる

CBT方式では、年3回の検定日に限定されていないので、都合のよい日程を選んで受験することができます。検定予定日の4日前までに申し込めるので、思い立った時に受験可能。スケジュールが組みやすく、忙しい人も予定がはっきりしてから申し込めるなど、都合に合わせて受けられます。

結果を早く届けられる

個人・団体受験と比べても、合否の結果が早くわかります。合否結果だけならネットで8日後に、結果資料は10日ほどで郵送されます。個人・団体と1か月かかるのに比べると圧倒的に早く、次の検定にいち早く取り組めるので、早いステップアップが可能になります。

この試験を主催している
CBTSについて

CBT方式で試験を行うなら会場数やノウハウが重要

各種検定の中でも多くの人が知っているポピュラーな検定。特に学生の受験者が多く、受験や就職など進路に大きな影響を与えています。個人・団体の受験方法にCBT方式が加わったことで、従来のやり方に縛られない、自由で早いステップアップが可能になっています。

主催者側がCBT導入にあたり運用代行会社へ業務を依頼する場合、全国にどれだけ会場があるかや運営のノウハウがあるかなど「実績」に目を向けることが重要です。トップページでは、該当するCBT業者を紹介しています。

確かな実績を持つ
CBT運用代行会社2選はこちら

実績を持つCBT運⽤代⾏会社2選

CBT運用代行会社のうち、2023年2月時点で団体数や取引団体例など実績を確認できた2社を選定しました。国内の受験会場数にもご注目ください。

シー・ビー・ティ・
ソリューションズ
CBTS公式HPキャプチャ
引用元:CBTS公式HP(https://cbt-s.com/service/cbt/)
国内会場数 国内360カ所
47都道府県対応
※2023年2⽉時点
国内団体実績 200団体以上
※2023年2⽉時点
システムの
カスタマイズ性

内部開発対応
取引団体例
日本漢字能力検定・日商簿記・秘書検定・銀行業務検定試験・基本情報技術者試験・電気工事士・アマチュア無線技士など
こんな団体に
おすすめ
全国各地の多くの都市でCBT試験を行いたい、実績ある質の高いサービスを求める団体・企業

公式HPでCBTSの
特徴や事例を確認

電話で問い合わせる

プロメトリック
プロメトリック公式HPキャプチャ
引用元:プロメトリック公式HP(https://www.prometric-jp.com/)
国内会場数 国内約160カ所
47都道府県対応
※2023年2⽉時点
国内団体実績 30団体
※2023年2⽉時点
システムの
カスタマイズ性
-
記載なし
取引団体例
米国認定損害保険士・米国公認管理会計士・EXIN認定試験・ASPPA・ABP・DSST・FINRA・SOA / CIAなど
こんな団体に
おすすめ
世界へ試験を配信したい、世界進出のノウハウが欲しい団体・企業

公式HPでプロメトリックの
特徴や事例を確認

対象の電話番号を確認

※選定基準
2023.2時点、「CBT 運用代行(計8P)」「CBT試験(計14P)」でGoogle検索し、公式HPが上位表示したCBT運用代行の会社のうち、国内における団体数・会場数が最多のCBTS、世界における配信数・会場数が最多のプロメトリックを選定。